㈱精研ブログ 記事

スマートボビンチェンジャーが到着しました。

※この記事は2014年11月25日に㈱精研ブログに掲載された記事を再掲載しています。

TAJIMAの新しいボビンチェンジャー『スマートボビンチェンジャー』のデモ機が届いたのでさっそく組み立てました。今までボビンチェンジャーというと、20頭くらいの多頭機で使用するという印象がどうしても強いですが、実は少数頭機でもかなり有用性が高いことが分かってきております。

スマートボビンチェンジャー

特にテーブル縦長を長くしてあるような特殊なタイプの刺繍機における下糸交換作業は特に作業性が落ちるので、オペレーターの人がミシンテーブルの下に潜って作業すること自体が精算効率に悪影響を及ぼしているのかもしれません。弊社で販売した刺繍機では過去に4頭の刺繍機にボビンチェンジャーを搭載したことがあります。ミシンヘッド数が少ないので「生産効率の向上に役立つとは思えない」と申し上げたところ、「自動化できることは作業工程上いいことだから」と、お客様から言われて導入の運びになったのです。そのお客様の工場に刺繍機を設置して1年が過ぎましたが、ようやくその効果が目に見える形で表れてきています。

さて、今日届いた『スマートボビンチェンジャー』デモ機。これから展示会などで見ていただけるようになりますが、動画撮影もしましたので、ひとまず先に動画をご覧ください。

 

関連記事

  1. 経験に勝る講習はありません。
  2. キャップ(帽子)の刺繍、ツバ元1cmからの刺繍を可能に!
  3. スマホカバーにも刺しゅうを!
  4. 特注ワインダー ―○○仕様のすすめ―
  5. 多頭式刺繍機による靴下の刺繍

特集記事

  1. パルスクラウドは刺繍ビジネスのシーンを変えるか
  2. ニードルパンチアタッチメント
  3. トレース機能は使ってますか?

Tecnical News

注目記事

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

Products

MOVIE

SOFTWARE

Tecnical News

PAGE TOP